Google Analyticsの資格GAIQを取得しました。

Googleのブログ

世の中、目に見えるものが有利だったりするので、

資格という形で形にしてみました。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の個人認定資格、

 GAIQ(Google Analytics Individual Qualificationの略)を取得しました。 

GAIQ証明書

なかなかアナリティクスが使えるといっても幅が広かったり、アナリティクス?という方も多いので、

自己紹介用として改めて受験してみました。(こんなんもってまっせ、と言う為)

思っていたより、勉強自体は非常に為になりました。

細かく理解していなかった用語など、改めて理解する機会になります。

試験の概要

まず、以下のコースを受講します。

アカデミー初級コース

アカデミー上級コース

※リンク効かなかったらすみません。「google アカデミー」などで検索してください。

アナリティクスの操作方法や、語句の内容、できることなど幅広く教えてくれます。

動画での講義を受けて、試験を受けるを繰り返すことで、

晴れてアカデミーを卒業し、試験を受けることができます。

しっかりとアカデミーを受講すれば、試験自体はそれほど難しくはないです。

 

ネット試験なので、問題について調べることも可能です。

いわゆるカンニングできます。

試験時間は90分です。

80%(70問中56問以上正解)正解で合格。

試験を受けての感想

カンニングもできますが、中身を理解していなかったら保有していても

なんの意味もなさない資格なので、しっかりと流れは理解した方がいいと

思います。

 

もちろんこの試験はあくまでお勉強試験に近いもので

実際にアナリティクスを使って、分析、改善ができないと意味がないです。

実際に使って、データの解析などどんどんやっていきましょう。

また、本を見て勉強するのもおすすめです。

こちらの本は操作方法だけでなく、実際どうデータを読み取るのか

対策していくのかといった非常に重要な部分が書かれていてお勧めです。

(楽天さんへ飛びます。)

 

Amazonはコチラです↓
「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本
終わりに

これを機に、なんだか勉強欲が出てきました。

振り返ったり、新しい知識を吸収して自己成長して、

それをお客さまに還元できるというのはとってもいいことだと思います。

次は何をしようか。。。がんばります。

 

WEB解析、ネットショップの運営・売上アップのご相談などはこちら

WEBのリスティング広告などでよく出てくる英単語の解説

Googleのブログ

 

 

PV(page view)とは、ページへのアクセスの数のこと。同一人の複数回のアクセスも含まれます。

UUとは

UU(unique user)とは、重複をカウントしないアカウント。
PVよりも実際の閲覧人数を把握する場合にはこちらの数字が大切です。

CVRとは

CVR(Conversion Rate)とは、購入や会員登録など目標として設定した行動が達成された比率のこと。
この値が高くなると購買率が高くなり、目標達成に近づきます。

ECサイトの運営でよく出てくる公式は、
アクセス人数 × 客単価 × 転換率

CPCとは

「CPC」(Cost Per Click)とは、Webサイトの広告を1回クリックするごとに発生する広告掲載料金のことです。
楽天などでCPC広告という名前で、1クリックの単価を決定してクリックされるごとに課金されるというサービスもあります。

CPAとは

CPA(Cost Per Action/Cost Per Acquisition)とは、コンバージョン(CV)1件あたりにかかった広告費用を示す値です。

CTRとは

CTR(Click Through Rate)とは、広告表示回数に対し、広告をクリックされた率を示します。

IMPとは

検索ユーザーに検索され、広告主の広告が表示された回数。

このページを辞書としてまた、追加していきます。