ネットショップの運営代行とは

 

私は日頃、ネッショップの運営代行を販売事業者の方向けで行っています。

ですが、運営代行サービスってなんですか?とお客様に聞かれることがあります。

なので、今日はちょっと特徴について記載していきたいと思います。

WEB制作事業者の種類

我々のようなWEBサービスを行っている事業者は多く、得意とする分野も様々です。

会社や店舗の紹介などの所謂、ホームページ(コーポレートサイト)を作っている会社さん。

オンライン広告を代行するサービスを行っている会社さん。

それから、企業ロゴや、イラストなどデザインの制作をメインに行っている会社さん。

SEO対策業者の会社さん。

課題解決などのご提案や企画を行うコンサルティング会社さん。

私と同じように、制作とコンサルティングを両方行う会社さん。

細かく書くと描ききれないのですが、一言でWEBの会社といっても多くの種類があります。

Eコマース専門の運営代行とは

商品出品作業

そんな中、私が行っているEコマース専門の運営代行というのは、

 ネットショップの制作・構築+課題解決の為の企画提案コンサルティング 

これらをセットにしていることが特徴です。

私の場合、細かく書くと、広告の運用から、検索対策、メルマガ、SNSマーケティングなどなど幅広く行っております。

要は、ECで売上が上げる為に必要なWEB上の作業のほとんどが対応範囲となります。

Eコマース専門の運営代行を勧める理由

お勧めの理由

なぜ、このような形態をとっているかといいますと、わざわざ外注のWEB制作会社にクライアントが 依頼をする目的 はなにかと考えた結果、結局のところ、 売上をあげることが目的 だというところにたどり着いたからです。

 

極論ですが、かっこいいページを作ってオンラインで展示したいのではなく、 売りたいから カッコイイページを作るのではないでしょうか。

いろんな課題の提示や、新しい手法を知るためにコンサルティングされるのではなく、 売上を上げたいから 課題を知り、新しい手法を 実践していきたい のではないでしょうか。

 

私はそう考え、このサービスの形態にたどり着きました。

 

私の運営代行サービスは、現状を分析し、改善点を提案し、それを自ら実行していくから一貫したサービスが可能です。

 

もちろん、それぞれの会社のやり方を否定するわけではないですので、あしからず<m(__)m>

足りない部分を理解していて、必要な部分を選択して外注できる場合は、専門性の高い会社さんの方が効果的ではないでしょうか。

 

ただ、実際には ECを行っていく人材がいない 会社さんや、人はいるが 他の業務で手一杯 になっているといったケースが非常に多いと私は感じています。

 

そんなケースにおいて、本当に一分野だけの依頼を出して、ディレクションし、うまく効果が出せているでしょうか?

 

依頼は出しっぱなしで、放置。。。そんな状態になっていないでしょうか。

当然そんな状態では、売り上げは上がってこないのではないかと思います。

Eコマース専門の運営代行の特徴

売上アップ

本当に売上を上げていく為に、必要な作業を洗い出し(コンサルティング)、実行(制作)していく。

 

クライアントの作業は、月次レポートでの提案内容の確認や指摘、商品の情報などの業務知識の提供など必要最低限に留め、 クライアントのコア業務 に集中していただく。

 

これにより、クライアントが業務から解放され、 新しい商品開発やサービスなどの向上 に取り組める。

 

我々が状況に応じたWEB制作を進め、売上を上げるための Eコマースの質は高まる 

この好循環を繰り返すことで企業としてのEコマース事業の成長を進め、 企業全体の成長 へつなげていくことができます。

 

最後に

長々となりましたが、私の今まで10年近くEC事業に関わってきた経験からこの運営代行というサービスを推し進めているという理由を書きました。

最後にもう一つ、私個人としてのこのサービスを選んだ理由として、一時的な制作だけの関係ではなく、 企業と一緒になって成長していける関係性を築ける というのがこのサービスの醍醐味であり、 私のやりがいです。 

 

ひとつ仕事が終わったら、はいおしまい。

そういった関係は少し寂しいように思うからです。

 

売上が上がれば一緒に喜び、下がれば一緒に悩む。

そんな関係がいいと思っています。

 

拙い文章にもかかわらず、

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

今回ご紹介した運営代行のページはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です