楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

rakuten

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは

プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人気ブロガーに、店舗様から商品を無償でご提供いただき、ブログ記事で紹介してもらうことで流通増加を図る施策です。とのことです。

以前も同じ名前のサービスはあったように思いますが、中身は少し違ったような気がします。というか体系化まではされていなかったのではないでしょうか。

しかし、2018年6月からサービスが体系化されて、店舗からブロガーに商品提供をし、それを記事にして紹介してもらうという機能がRMSに追加されています。

プレミアムパートナーサービスにかかる費用

楽天スーパーアフィリエイトのアドバンスサービスに加入の上、料率5%以上(Bランク以上)に設定済みであることが条件です。

これだとプレミアムパートナーサービス以外でのアフィリエイト経由も一律5%となってしまいます。これが嫌な場合、以下の料率を設定すれば、商品を提供する対象のアフィリエイトのみ、この料率が適用されます。

S・Aランク:20%〜、Bランク:10%〜

それから、提供する商品の代金(最低5点以上)、送付に係る送料は店舗負担です。

ただ、成果型というか必要な部分だけの支払いで済むので、始めやすいサービスではあると思います。

対象となるアフィリエイター

Bランク以上のアフィリエイターを対象としているそうですが、Bランク以上のアフィリエイターさんとはどの程度の規模なのでしょうか。

楽天アフィリエイトの説明では以下の通りとなっていました。

確定売上額/月

  • Sランク:一億円以上
  • Aランク:1000万円以上、1億円未満
  • Bランク:100万円以上、1000万円未満

Sランクになると、すごい金額の紹介料ですね!もしこのようなアフィリエイターさんに紹介してもらえると一気に流入がUPしそうです。

プレミアムパートナーサービスの効果

これは、正直なところ一度やってみないとわからないとしか言いようがないです。商材によってももちろん違うでしょうが、紹介してくれるアフィリエイターさんがどのような方かによって全く反響も変わってくると思います。

ただ、紹介する側もただで商品が手に入りますし、店舗側も係ったコストだけの負担であればメリットは大きそうです。

おもしろい新サービスではあると思いますので、ご興味がある方は一度検討されてみてはいかがでしょうか?

 

楽天運営のご相談、お問い合わせはコチラ

 

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの画像一括アップロードの方法

とても初歩的の話なので、上級者には関係ないのですが、 楽天で商品画像などをいちいちR-Cabinetで一つ一つ …

コメントなし
rakuten

楽天市場でのデザインが素敵で参考になる食品系サイトのまとめ

楽天市場で添付の運用をしているとTOPページのデザインにもこだわりたくなります。 いざリニューアルしようと思う …

コメントなし

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

rakuten

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one delivery..)がおこりそうです。その中でも今日は画像登録ガイドラインの変更についてまとめていきます。

今までの楽天市場の商品画像の登録での推奨登録

楽天出店者なら、もちろんご存知だと思いますが、今までの楽天市場といえば、ど派手なサムネイル!これが大きな特徴でした。

いかに自社商品を目立たせるか、出店者はそこに力を入れて制作をおこなってきたと思います。また、楽天市場自体もこのど派手なサムネイルで目立つことを推奨してきた過去があります。

ある種、楽天らしいといえばコレ!と思ってしまうほど楽天を象徴した作りだったと今になって思います。

商品画像登録ガイドライン制定の背景(楽天の意見)

以下楽天サポートニュース抜粋。

近年の急速なモバイルシフト・高機能カメラ搭載スマートフォン所持率の増加や、SNS利用の増加に伴い、ユーザが商品画像に対して求める内容が急激に変わってきております。

実際、楽天市場へユーザの声として多く寄せられているのが「商品画像内の情報量が多く、商品を探しにくい」というもので、当社が定期的に実施しているユーザ調査、全数十項目の中において「商品が探しにくい」という項目は、最も改善が求められているものの1つです。ユーザのインターネット利用環境の変化・嗜好の変化に対応するため、また商品の探しにくさを解消し、よりユーザの購買に訴求できるECモールであり続けるため、楽天市場では2017年春から約一年をかけて、商品画像について定性・定量調査・ABテスト等、さまざまな調査を繰り返し実行してまいりました。

まあ、要は、時代の流れに合わせたい。

そして、楽天独自のABテストの結果、結果画像はシンプルの方がいい!という結果にたどり着いたとのことです。。

今回のガイドライン変更点

そんなこんなで楽天独特なサムネイル画像がついに終わりを迎えようとしています。

つい先日発表された商品画像制作ガイドラインに画像全体におけるテキスト等の装飾の比率を20%以内に定める等のガイドラインが制定されました。

※詳細は以下のメニューなど、楽天からの案内をご確認ください。

RMS→マニュアル→規約・ガイドライン→商品画像登録ガイドライン

以下内容抜粋。

[1]テキスト要素占有率

商品画像内に配置するテキスト要素の占有率は20%以下としてください。

[2]枠線
枠線なしの商品画像を登録してください。枠線とは画像の4辺を囲う線のほか、L字・帯状などの要素を含みます。
辺の太さに依らず、枠線の使用は不可といたします。

[3]背景
商品画像の背景は、写真背景か単色白背景のみを使用してください。

対象は、サムネイル画像(R-Storefrontにおける商品画像欄の第1商品画像(商品画像(1)))のみを対象。

ガイドラインが実際に減点へとつながるタイミング

 2019年1月 からの開始を予定とのことです。

2019年1月時点で、ガイドラインを遵守していない画像をご利用の店舗を対象に、違反点数への加点を開始するとのこです。。(具体的な開始日、違反点数等の詳細は改めて告示されるとのことです。)

2018年9月上旬配布予定(?)とされていますが、対応が必要な画像の商品に対してリストが送られてくるそうです。こちらを確認し、2019年1月までに対応が必要ということです。

ガイドラインへの店子の対応

自社の商品サムネイル(R-Storefrontにおける商品画像欄の第1商品画像(商品画像(1)))をまずご確認ください。

・枠付け、帯を入れている場合はOUTです。変更が必要です。

・文字は入れているけど、20%超えているかはわからない場合は、RMSのR-Storefrontにおける商品画像欄の第1商品画像のURL記載個所の付近にテキスト占有率を簡易チェックできる機能が追加されています。

また、9月上旬に変更対応のリストが送られてくるそうですのでそちらで対応をチェックし、早急に対応していきましょう。

RMS画像登録ガイドライン

当然ながらどうしても自社で対応できない店舗様も多く、 外注、SOHOさんに頼む 、もしくは 格安の切り抜きサービス を利用するのは手だと思います。特に数千点と登録している店舗様なんて数か月の対応なんて不可能ですよね。。

こんなことでの減点→退店は避けたいので、なんとかして乗り越えていきましょう。当方でもスポット対応での相談を受けることも増えてきていて、できる限りお応えできるよう受け入れ体制を検討しているところです。

今回のガイドライン変更から見る楽天市場

さて、簡単ではございますが、楽天の新しい流れについて書かせていただきました。

ここからはまとめというか、私見ですので読み飛ばしていただいて構いません。

今回のガイドライン変更に関してはRONへの各店舗の店長様たちの書き込みが非常に怒り心頭であることからもわかりますが、個人的にもアレだなあと思ってしまいます。当然ながら大前提として、時代の流れによるものなので仕方ないのは理解しています。それは各店長様も理解されていると思います。

ただ、時代の流れとは言っても、この派手なサムネイルの作りがグーグルやSNSからは嫌われてしまうのも数年前から分かっていたことでもあります。その中でも、楽天自身がこの派手なサムネイルの作りにを推奨し、今まで店子に指導してきたことは怒りの大きな要因だと思います。

店子はサムネイルをいかに目立たせるかに苦心し、労力をかけて長年取り組んできたものを、ABテストの結果が実はイマイチでした~ってのはちょっとアレな感じがします。

そして、 この対応期間の短さに加え、なんと減点まで 。。。もう少し店子に対しての配慮が必要だったかもしれませんね。

Amazonは当初から白抜きの画像を推奨していました。さすがアメリカの企業。それに続いてヤフーもこの画像の仕様を数年前から推奨してきています。その中でも独自路線を貫いていた日本の最大手EC市場の楽天が、ここにきての急な方針転換は、時代の流れだけではない、会社としての大きな壁に直面しているように感じます。

私個人は、楽天市場というのは日本独自のスタイルで成長したきたECモールなので、好きですし、応援しています。地方の小さなお店の作った商品が数億円の売り上げ!なんてほんとに素晴らしい仕組みですよ。ほんとに。日本を代表する企業として、これからも頑張ってほしいと思ってます。

ただ、最近は少し心配な、そんな気持ちがたまにあります。消費者あっての商売ですが、販売者もまた然り。ではないでしょうか。

 

 

ネットショップの運営に関するご相談・お問い合わせはコチラ

 

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの画像一括アップロードの方法

とても初歩的の話なので、上級者には関係ないのですが、 楽天で商品画像などをいちいちR-Cabinetで一つ一つ …

コメントなし
rakuten

楽天市場でのデザインが素敵で参考になる食品系サイトのまとめ

楽天市場で添付の運用をしているとTOPページのデザインにもこだわりたくなります。 いざリニューアルしようと思う …

コメントなし

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

楽天ブログ
FTPに画像をアップできたけど、データが飛んでいかない場合

まず考えられる状態としては、

 違うフォルダにデータをあげている 場合です。

/cabinet/images/

こちらに間違いなくつながっているかをもう一度ご確認ください。

ややこしい名前があるので間違っている可能性があります。

 

それから、 データがエラーになっている場合 です。

画像ファイルに使える文字などは限られています。

例えばファイル名に大文字や機種依存文字などを使っていませんか?

こういった場合、エラーとして判定され、以下のフォルダにエラーファイルがでてきますので、

こちらを開いて状況を確認してください。

/cabinet/logs/

 

 

そして、これははじめて画像一括登録機能を使う場合のみの可能性ですが、

私の経験から。

先日、新規楽天出店のクライアントの依頼で

この画像一括登録機能を使っていたところ、

FTPソフトでR-cabinetにデータを飛ばした後、

いつまでたっても実際のR-cabinetにデータが反映されない状態になりました。

(FTPソフトで見ると、ファイルがとまったままの状態)

アップロード場所も間違っておらず、エラーログはなかったため、

半日ほど待ちましたがまったく反映されていませんでした。

結局は、 画像一括登録の申し込み が最後までされていないことが原因でした。。

以前も新規の出店のクライアントで同じことがあったなあと思い、備忘録として書いておきます。

r-cabinet-エラー

楽天RMSのFAQから「画像一括登録」で検索。

以下のタイトルでの検索結果に、手続きの確認画面の手引きなど載っています。

R-Cabinetに画像をまとめて登録するには?(FTP使用)

参考になれば幸いです。

ユナイテッドワークス

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天市場RMSでの画像一括アップロードの方法

rakuten

とても初歩的の話なので、上級者には関係ないのですが、

楽天で商品画像などをいちいちR-Cabinetで一つ一つ選択して

アップロードしていくのが面倒。。。

 一括でアップロードできませんか? こんな質問を頂くことがしばしばあります。

確かに数十枚ある画像を、R-cabinetでやるのはしんどいですね。

もちろん一括でも可能です。

ただし、

 楽天のCSVを別途契約 している必要があります。

月額一万円かかります。

いい加減無料にしてはどうなんでしょうかねえ。。。とも思いますが、仕方ないです。

まず、こちらがないとR-cabinetで登録していくしかないです。残念ですが。

さて、すでに契約済みの方は以下の流れを参考にしてください。

1.まず、FTPソフトで楽天CSVに接続する。

2.cabinet→imagesを選択。

楽天画像アップロード

3.この中にファイルをアップロードしていきます。

ただし、この中に直接ファイルをアップロードすると、

 R-cabinetの「基本フォルダ」にアップロードされます。 

もしR-cabinet内にある指定のフォルダにアップロードしたい場合は、

 サーバー内にR-cabinetと全く同じフォルダを作る必要があります。 

2階層下のフォルダであれば同様に2階層フォルダを作ってからアップロードが必要です。

(例)R-キャビネットの中の[test]というフォルダに画像を登録したい場合は、

サーバー側に[test]という名前のフォルダを作って、その中にアップロードが必要です。

 

楽天画像登録

ソフトによると思いますが、右クリックでフォルダ作成メニューが出てくると思います。

こうして、指定したフォルダにアップロードすれば、一括のアップロードが可能となります。

効率化のためには必要な作業なので、ぜひご活用ください。

 

 

FTPに画像をアップできたけど、データが飛んでいかない場合

追記です。備忘録です。

先日、新規楽天出店のクライアントの依頼で

この画像一括登録機能を使っていたところ、

FTPソフトでR-cabinetにデータを飛ばした後、

いつまでたっても実際のR-cabinetにデータが反映されない状態になりました。

(FTPソフトで見ると、ファイルがとまったままの状態)

アップロード場所も間違っていなかったため、

半日ほど待ちましたがまったく反映されていないので

これはおかしいと思い調査。

結局は、画像一括登録の申し込みが最後までされていないことが原因でした。。

以前も新規の出店のクライアントで同じことがあったなあと思い、備忘録として書いておきます。

楽天RMSのFAQから「画像一括登録」で検索。

以下のタイトルでの検索結果に、手続きの確認画面の手引きなど載っています。

R-Cabinetに画像をまとめて登録するには?(FTP使用)

 

楽天ショップの運営に関するご相談・お問い合わせはコチラ

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天市場でのデザインが素敵で参考になる食品系サイトのまとめ

rakuten
楽天市場でのデザインが素敵で参考になる食品系サイトのまとめ

楽天市場で添付の運用をしているとTOPページのデザインにもこだわりたくなります。

いざリニューアルしようと思うと、どんなサイトがいいのか。。。

一から考えるのは結構大変だったりします。

そこで、イケてるサイトや上手なサイトを集めてみます。私の備忘録も兼ねて。

当然、掲載サイトがリニューアルする可能性がありますので、その点ご了承ください!

今回は食品系のサイトを集めています。

タマチャンショップさま

いわずとしれた食品ジャンルの超有名店!地方の星!


自然の都【タマチャンショップ】

コンテンツの並べ方、大きさなど無駄がなくて本当に見やすいと思います。

商品数が多くなるとごちゃっとしがちですが、さすがです。

ハイ食材屋さま

ハイ食材屋
ハイ食材室

レイアウトがすごくオシャレです!いい意味で楽天らしくない雰囲気のサイトです。

写真にすごく自信があるとか、商材が見栄えするものだと見ていておもしろいと思います!

LeTAO(小樽洋菓子舗ルタオ)さま

楽天市場lutao
LeTAO(小樽洋菓子舗ルタオ)

スライダーなしの、とってもシンプルな作りですが、

個人的にはわかりやすくてすごく好きです。

自信のある商品を大きく見せる、お店の紹介・想いが書いてあること。

極端に言えば、TOPページのポイントはこれだけでもいいのかなと思います。

複雑な作りも情報量が増えていいのですが、

やはり、高齢な方やパソコンに疎い方には逆にわかりづらいものだったりします。

だれをターゲットにするかでTOPページの作りを変える。これもマーケティングとしては大事ではないでしょうか。

また、比較的作りやすいと思いますので、まずは構成をお手本にするのはいいと思います。

創業大正7年 京菓子 笹屋昌園さま

和菓子 老舗
創業大正7年 京菓子 笹屋昌園

老舗の和菓子屋さんのTOPページです。

これまたシンプルですが、しっかりと雰囲気が表現されていると思います。

和のお店で、商品点数が少ないお店には参考になるレイアウトではないでしょうか。

とりあえず、今はここまでにします。

また書き足していきます。

 

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天市場でのスマートフォンの対策

rakuten

楽天市場でのスマートフォン対策について

スマホ、スマホと騒がれ始めて随分立ちますが、スマートフォン経由がパソコン経由の売り上げを上回っている店舗さまが本当に多くなってきました。私が受け持っている店舗様はすべてといってもいいぐらいです。

ジャンルによっても違いますが、 食品やアパレル さんには特に顕著かと思います。

また、スマホが伸びたため、パソコン経由のアクセス自体が減ってくるのだと思います。

貴社の店舗の対応状況はいかがでしょうか?

実際はなかなか対応していない店舗さまが多いように感じます。やはり、商品ページ作りなどはパソコンで行うため、パソコンで確認してOK!そうなりがちなのかな、と思います。

でもそれでは、この先売り上げがどんどん落ち込んでいくかもしれません。

そんなことで、この記事を読んだ方は貴社のスマホページを今一度見直すきっかけにしていただければと思います。

初歩的ですが、こんな状態になっていませんか?

モバイルの商品情報をそのままコピー

 

スマホの欄が設けられた当初からされている方はこの状態の方もいらっしゃるのではないでしょうか?まずいのは、 モバイル用(ガラケー)のリンク がついていて開いても見れない。。。とか。。

がんばってしっかりと作りこみましょう!

目玉商品の登録を更新していない

パソコン用はよく目にするから気づくけど、スマホは忘れ去られている。。オススメの商品なのに、すでにすべて廃番やら売り切れではお客さんも逃がしてしまいますね。。

PCを更新する際に必ずスマホもチェックする習慣をつけるといいかもしれませんね。

商品画像を一枚しか登録していない

パソコンのページはLPをしっかりと作りこんでいるのに、 商品画像を1、2枚しか登録していない。 

スマホの説明欄は文章だけ。

意外といらっしゃいますが、すごくもったいないですね。せっかくのLP、活かしましょう。スマホの説明文に登録できる画像も10枚に増えたので、しっかりPRしたいとこです。

そして、私もそうですが楽天でのスマホの買い物に慣れている人は、ページ開いて出てくる商品画像の部分をフリックして内容を確認する傾向が強いです。

ですので、商品画像に一枚だけの登録では、情報量が少ないとみなされて下にスクロールされることなく、お客様を逃がす結果につながってしまいます。

できるだけ登録されるのがよろしいかと思います。

最後に

他にもいろいろありますが、時間切れになってしまったので続きはまたいつか書きたいと思います。

とにかく、楽天制作においてはスマホページを意識して制作していくほうが今後の時代の流れにはうまくマッチしていくかと思います。

ご参考になれば幸いです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

もし、見直すのは面倒!そういう方はご依頼頂ければ対応も可能です。お問合せ頂ければと思います。

 

お問い合わせはコチラ

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天商品タイトルに関する検索ガイドラインの対応について

rakuten

こんにちは!

気が付けばもう二月も終盤。冬季オリンピックもそろそろ終盤戦な今日この頃です。

さて、今日は楽天の検索対策について少し書いてみます。

数カ月前に発表された楽天の商品タイトルに関する検索ガイドライン。

楽天市場に出店されている方でも 意外とご存じない方が多いと思います。

こちらに関して皆様どう対応されているでしょうか。

今までの楽天市場だと、とにかく商品タイトルにキーワードを詰め込むことで

検索に引っ掛けるという方法が主流でした。

そのおかげで、楽天で検索をすると検索結果とまったく関係のない商品がずらずら。。

この検索においての商品の探しにくさ、

これが楽天市場において非常に問題であり、Amazonへお客が流れる大きな要因だと私は思います。

今までは楽天としてはいろいろな事情によってそこは放置をしましたが、

今回思い切ってガイドラインという形で対策をとってきたようです。

踏み切った背景にはやはり、スマホでの購買比率の上昇が大きな原因だと私は思います。

PCならまだ、商品タイトルにいろいろなキーワードを盛り込んでも、

表示される文字が多かったのでなんとか判断できたところが、

スマホだと商品タイトルの表示が少ないので、

例えば楽天でよくある商品タイトルの

【送料無料】【ポイント10倍】楽天ランキング1位!【あす楽】メンズ デニムジャケット ….

こんなタイトルだとすると、最初の数文字しか表示されず、なんの商品か画像でしか判断できません。

【送料無料】【ポイント10倍】楽天ランキン

これをスマホでクリックして、

サイズ違う。。。

ってなったら

また次のなんの商品かわからない↓をクリックして

【送料無料】【ポイント10倍】楽天ランキン

これ、素材が嫌やな。。。。

って繰り返してると正直イライラしますよね。

だから、楽天市場ユーザーの満足度ってさがっちゃうという現状があるのだと思います。

これな状況を打破すべく、ジャンルごとに商品タイトルとしての指標を示したわけですが、

今の説明でもおわかりいただけたかと思いますが、

あくまでお客様目線での商品タイトルの付け方

意識すべきだと私は思います。

商品を登録したら、自社の商品はお客様にはどう見えているのか。

ここをしっかりと意識して、かつ今回のガイドラインに合わせていけば

きっと将来的には検索にヒットしやすい、クリックされやすい商品タイトルとなってくるのではないでしょうか。

実際にはまだ楽天の検索アルゴリズムに本格的に適用されてはいないようですが、

将来も見据えて早めに対応していくことが後々結果につながっていくのではないでしょうか。

長くなりましたが、今回は楽天の商品タイトルのガイドラインについての私見を書かせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

楽天の商品タイトルの見直しも承っております。

ご興味があれば、一度お問い合わせください。

ネットショップ運営のご相談・各種お問い合わせはコチラ

 

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天海外販売について検討されている方へ

rakuten

こんばんは~

united-worksのタナカでございます。

さて、本日は海外販売についての記事を書こうと思います。

海外販売してみたいけど・・どこで売ったらいいの?

などお悩みの方の助けになればと思います。

今日は、日本の会社が運営していて一番なじみのある?

楽天海外について簡単にご紹介します。

まずは料金ですが、
楽天に既に出店済みの店舗であれば、初期費用・月額費用 無料で簡単に開始できるのはメリットだと思います。

サービス利用料は通常のシステム利用料に加えて海外へ販売した売上金額の4%と最近変更されたようです。
海外販売というシステムを提供している手数料としては、比較的利用しやすい金額だといえます。

商材によると思いますが、お客さんの大半がアジア圏から多いのが特徴だといえると思います。(台湾、中国、シンガポールなど)

楽天海外の最もスゴイと思う点は、
EMS(Japan Post)と連動しているのが、秀逸です!
海外配送のラベルは作るがとっても面倒ですが、注文内容と自動で連携して作ってくれます!

また、クレジットカードなどの不正注文の場合、楽天にリストされている顧客であれば連絡してくれます。(もちろんすべてではないですが・・・)
ページも自動翻訳で生成してくれます。難しく説明文を書いていない店舗にとっては便利!その反面、変な英訳でトラブルが起きる可能性ももちろんあります。

中国語、韓国語などのページも生成できますが、自動翻訳がおかしい場合が多いので注意が必要です。

海外販売のシステムとしては、初心者に親切なシステムだといえると思います。ちょっとやってみようかなという店舗に、手を出しやすいシステムだと思います。
EMS連携は本当に便利なんです、本当に!
他のカートシステムももっと対応してくれ!と切に願います。

問題点は、国内と受注システムが同一なので、送料の計算がややこしい場合があります。
EMSなどは重量によって料金が決まるので、一旦梱包して商品重量を計測して発送ということになります。
なので、国内の受注だけ送料を再入力して、オーソリをかけるなどの処理が必要となります。

また、商品ページについても日本のページと中途半端に連動しているということが逆に不便になることもあります。
たとえば、仕様の変更などで写真を差し替えたとしても、それは今のところ反映されなかったりと、一緒のようで、一緒でないなど問題はあります。

それから、当然ですが言語の壁ですね。
最初にも書きましたが、アジア系の方のお客さんが多い為、英語すら通じないときも多々あります。

まあ、いろいろと問題もありますが、これからの日本の市場の縮小などを考えていくとネット販売にクロスボーダーという考え方は必須になってくると思います。

楽天既に出店済みであれば、自社商材の反応を試しやすい場所ではあると思いますので、ぜひ試しみてはいかがでしょうか?

もし、リソースなどの問題でお悩みであれば、一度弊社にご相談ください!

貴社にあった方法を一緒に考えます!(^^)!

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

無料ネットショップ相談
まずはWebでお問い合わせください >

 

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし

楽天の検索対策はすっかり変わりました

rakuten

こんばんは!

日々本当に少しずつですが、サイトの更新を行っていっています”(-“”-)”

EC運営代行してるとなんだかあれもこれもできるなあと思っていろいろ作業しちゃって時間が全然とれない。。

もう少し、効率よくできるように作業の細分化なんかをもっと体系化しないとなあと思う今日この頃です。

さて、今日は楽天市場の検索に関してちょっと書きていきます。

 

ほんの数年前まで、楽天市場はとにかくレビュー集めたもんが強い!そんな検索システムでした。

それがガラっと変わってしまいました。

楽天で一部店舗がレビューを業者に書くよう依頼してたりとかが問題となったのが起因だったように記憶しております。

確かなことはわかりませんが、

今では売れた商品の数が検索結果の大きな要因となっているようです。

一定期間にどれだけ売り上げをとれるか、

回転のいい商品であるほうが優位なように思います。

つまり、楽天での店舗運営で大事なことは’軸となる商品’を作ること。

こういうことが言えると思います。

もちろん細かいテクニックも必要だと思います。(今回の記事はその辺は省いて大筋の話をしていますのであしからず。)

この商品開発について今一度じっくり考えましょう。

なぜ売れないのか?

なぜ売れたのか?

強みはなにか?

市場は、競合は?

現状をしっかりと把握し、次の戦略を立てる。

まずやってみよう。

それが一番大事。

 

自社でやる自信がない人はぜひ問い合わせください(^^)/

なにかのお役にたてるかもしれません。

よろしくお願いいたします。

 

ネットショップの運営に関するご相談・お問い合わせはコチラ

rakuten

楽天市場RMSでの新サービス!楽天スーパーアフィリエイトプレミアムパートナー

楽天スーパーアフィリエイト プレミアムパートナーとは プレミアムパートナーとは、楽天アフィリエイトが認定する人 …

コメントなし
rakuten

楽天市場RMSでの商品画像登録のルール大幅変更

さて、ECも次々と新しいことが起こり、目まぐるしい日々です。特に楽天の変化は激しく、今後更に大きな変化(one …

コメントなし
楽天ブログ

楽天市場RMSでの画像一括アップロードのエラーの対処法

まず考えられる状態としては、 場合です。 /cabinet/images/ こちらに間違いなくつながっているか …

コメントなし